寝起きにくっきりと残る眉間のしわの代表的な原因として表情の癖があげられます。

 

視力が悪い方が矯正具を使用せずものを見ようとするときに、焦点を合わすために目を細めることがあります。

 

その時に、無意識に眉間にしわが寄ることが多いです。また日々のストレスから、知らず知らずの内に、顔がしかめ面になることもあるでしょう。筋肉はほぐさなければ、固まっていきます。そしてしわにも繋がってくるのです。

 

肌の乾燥の乾燥も注意しなければなりません。肌の構造として、表面から表皮層、真皮層と層状に組織が重なって出来ています。

 

このうちの表皮層の乾燥してくると、角質が剥がれ水分が蒸発していくことで肌のしわができるという仕組みです。放置すると眉間周辺の皮脂量が増え、肌荒れの原因にもなってしまいます。

 

そして、コラーゲン不足も大きな原因の一つです。肌の真皮層部分には、肌の弾力やうるおいを保つためのコラーゲンや、ヒアルロン酸などの物質があります。弾力が失われ、元に戻る力がなくなった眉間にしわを寄せることで、くっきりと跡が残ることがあります。

 

顔の体操や、スキンケア(ヒアロディープパッチ)を正しく行うことで、寝起きもスッキリとした目覚めとなるでしょう。

 

刺すヒアルロン酸シート 公式サイトはこちら
>>> ヒアロディープパッチ