みなさんは「マイクロニードル」を体験したことがありますか。むしろその名前を聞いて何のことかわかった方は少数かもしれません。

 

「マイクロニードル」は、10000分の1ミリメートルオーダーの非常に細い針や突起にあたるニードルを並べて敷き詰めたシール状のパッチことです。あるいはそれらパッチを肌に直接貼り付けて薬剤を注入する方法を指し示す言葉です。

 

その際には突起部分にあたる細い針状に固められた薬剤成分が皮膚に浸透して体内に到達する一方、その針が神経まで届くことはありません。

 

そのため一切痛みを感じないのが特徴です。それゆえに付けられた別名「痛みを伴わない注射」と聞くとその技術を聞いたことがあるという方も多いかもしれません。

 

近年ではその技術はますますの発展を遂げておりニードル自体が分解吸収される「マイクロニードル」も開発されています。

 

近い将来注射嫌いの子供へのワクチン投与や日常的に自己注射が必要な糖尿病患者に対する新しい薬剤投与方法として浸透するかもしれない注目の技術です。

 

刺すヒアルロン酸シート 公式サイトはこちら
>>> ヒアロディープパッチ